06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.07 (Sat)

なるほどな記事

朝日新聞の夕刊になるほどと思う記事が載っていました

学校で「弁当の日」を設定し、
そのお弁当は、子供が自分で献立を考えて、調理もするという取り組みです。
とはいっても、子供1人ですべてできないので、おうちの人ががちょっぴり手伝ったりもしますが。


学年ごとに目標もあります。

低学年・・・家族と献立を考え、食材を買う。

中学年・・・家族と弁当に必要な食材を選ぶ。

高学年・・・バランスのよい献立を考える。

中学生・・・自分の体にあった献立を考える。


「弁当の日」は、2008年、香川県の小学校の校長先生がスタート。

親子で一緒に過ごす時間が減っているのが気になって考えたそうです。

「子供が作るにしても、必ず親子の会話が増える。
          子供は親に感謝し、親は子供の成長に気づく。」


このお弁当の日を始めて、給食の食べ残しが減ったそうです

現在、この「弁当の日」を実施しているのは、全国で300校にもなるそうです。
残念ながら、関西ではあまり実施されていないようですが、
これから始まるかもしれませんね。

NSCでのクッキングラボの時にも、
普段食べなかった野菜について勉強すると
食べれるようになったというこ光景があります

皆さんも、時間がある時には、野菜を洗うだけでも、
お子さんと一緒にすれば、その野菜に興味ができて食べれるようになるかも?

スポンサーサイト
20:39  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nsc2000.blog87.fc2.com/tb.php/43-805d92d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。