02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.14 (Sun)

春の訪れ

ikanago.jpg

この魚は何だと思いますか!?








正解は“いかなご”です。

神戸では春の訪れに「イカナゴのくぎ煮」を食べます。

イカナゴのくぎ煮は神戸名物となっており、兵庫県の播磨・明石、神戸・垂水、淡路島北部の地方では、各家庭で作ります。

大量にイカナゴのくぎ煮をたいて、食卓に出すのはもちろん、ご近所さんや親戚、友人に配ります。

イカナゴの時期になるとホームセンターや金物店では、イカナゴの特設コーナーを作り、イカナゴのくぎ煮を作るための大鍋と、保存容器を販売します。また、デパートやスーパなどの食料品売り場でも、イカナゴ専用のコーナーが作られ、鍋、保存容器はもちろん、醤油、砂糖(ザラメ)、水飴、生姜、山椒などイカナゴのくぎ煮作りに必要なものをそろえて販売しています。

尼崎から明石に越してきた私は、正直びっくりしました

スーパーに新鮮なイカナゴの子供、シンコが並んでいたので、作ってみようと思い購入しました♪



イカナゴのクギ煮の作り方
イカナゴのくぎ煮は、基本的に醤油、砂糖(ザラメ)、みりん、生姜を使って甘辛く味付けします。
が、各家庭によって味付けが異なり、鰹と昆布のだし汁、酒、山椒、水飴、ゴマなどを追加したり、さらにレモンやハッサクなどの柑橘類を入れたり、最近ではピリ辛のクギ煮と称して鷹の爪を加える事も多くなったそうです。



スポンサーサイト
12:37  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.03.04 (Thu)

NPO法人 文化祭☆

 2010年2月27日(日)

西宮市にある“市民交流センター”にて、NPO法人の文化祭が行われました。

私たちNSC2000も、食育イベントとして参加いたしました。

13:10から「食糧自給率」について子供たちにクイズをしてもらい、スタッフと答え合わせして説明を聞いてもらいました。
少しでも自分たちの食べている食材・料理の自給率というものを知ってもらおうと、興味を持ってもらおうと企画しました。

クイズ内容のコンセプトは和食の方が洋食より自給率は高いよという内容で、2択問題にしたり、食材カードに書かれた数値から食品や料理の自給率を当ててもらったりしました。

場所は本館から少し離れた「体育館」で行ったので、人が少ないかなと思ったのですが、結果的には50~60人の親子や子供たちが来て、イベントに参加してくれました。

日本の食糧自給率は41%

このまま41%だったらどうなるか・・・
はたまたそれ以上に下がったらどうなるか・・・

少しでも食糧自給率を上げるために、国内産の食材を使い、できればその土地で採れたものはその土地で消費するという地産地消を心掛けてほしいなと思います。

21:51  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。